プレカット工場見学

「pre」(あらかじめ)と「cut」(切る)を併せた造語で、

全ての木材加工の工程を

コンピューター制御による機械で行うことです。

伝統的に木材の加工は、

大工が現場で柱や梁に墨付けをし、

ノミやカンナ等を使っておこなっていました。

今は

あらかじめ機械を使い用意することで、

建築現場で大工さんは

仕事に集中することができます。

コンピューター制御により

オートメーション化し

最終は目視して確認する事により

とても効率的になっています。

 

木材含水率 13%

秋田県産の木材を利用しています。

地産地消の取り組みも積極的でした。

完成品はトラックで現地へ運搬します。

現在、

集成材及びKD材が主流です。

構造体にはホワイトウッド、

もしくは、

レッドウッド集成材を使用しています。

構造用集成材の強度は

ムク材より数倍もあり、

収縮や歪みも少なく住宅の寿命を長くします。